左右非対称

アシンメトリー!

  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬしはわっちのなんじゃ?・・・いや、わっちはぬしのなんじゃ?

この言葉聞いて思わず胃がいたんだ。
理由は教えない。
ふぃるとは更新かぶせないようにと思ったが
まあ今日くらいいいだろう。

いやあ「狼と香辛料」も3巻突入。4巻が欲しい。
まさか3日で読破するとは。馬鹿だ。
明日も部活
相当疲れる。らしい。

わっちはぬしのなんじゃ?
確かに・・言い返せそうにないな・・
私はあなたのなんなの?
・・デジャヴ。
ノシ

流石にこんなわけの分からないものを記事にされたら困る
+フィルの記事埋まるので追記につらつらと。 自分では意識してないこととか
自分にとっての常識は
他のやつらにとっては非常識な事が少なからずある。
僕の場合は幼いころ、ずっと家にこもって読書をしていた。
それが楽しく、逆に外に出て自然に触れる事は恐怖であった。
自由が怖かったのかもしれない。
だが家の中という狭い世界で僕は自由を勝ち取っていた。
自分にとってはそんな感覚であるが、周りから見ればなんと言う馬鹿という目でしか見られないだろう。

自由というのは、その広い枠の中いっぱいに人が育つ可能性があるということではないのか。
その自由の許容範囲が狭かった僕は、未だに育っていないのではないか。
このままもう育たないのではないか。
そんなことはもはやどうでもいいのかもしれない。
迷惑をかけては困るほど大事な存在は遠くへいった。戻れないと言って去ったのだ。
そのショックでどれだけ眠れぬ夜をすごしただろう。今ではそれが夢のようにぐーすか眠っているのである。
それが普通なのか阿呆なのか。
未だにそのショックから立ち直れているとはいえない。言わない。
ただこれを誰かにすがって楽にすれば自分がどうにかなってしまう気がする。
鬱々としたこんな文章をこのブログに書くのか良く分からんが、今となっては多少は笑える話だ。
僕はあいつのなんだったのか。あいつは僕のなんだったのか。
今となっては知る必要もないのかもしれない。

本当に大事な存在というのは、自分にとってどんな存在であるかを見失わせる。
僕は見事に見失った
惚れるだけ惚れて、周りが見えなかった。
まあいい。
明日は炎天下の中スポンサー周りという事でめっさハード。
死ぬことはないだろうが死に掛けるだろう。

■ コメント

狭い世界、広い世界
広い世界の方が社会に受け入れられるかも
しれない。
しかし狭い世界というのは
人間関係で得られない大きなものを
手に入れることができるかもしれない。

人それぞれ感じ方が違うようで^w^
僕の言った世界と魚さんが感じた世界には少々ずれがあるようですね。

誕生日おめでとーございます。
1日遅れたのはわざとです←
昨日はサーカスのピエロのお兄さんがかっこよすぎて興奮して寝てしまいました。
ということで私は今日から綱渡りに挑戦したいと思います。
・・・・ほんとすいませんでした。誕生日おめでとーございます。

お祝いありがとうございます!うれしいです!
たとえ1日遅れようと!^w^
人生の綱渡りは誰もがなさってますよ・・w

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://nora27.blog95.fc2.com/tb.php/478-f1fce4dd

 | HOME | 

■ ちゃとっ

■ プロフィール

しるく/あると

Author:しるく/あると
しるく(Silk)

SkypeID:norapeace
Twitter

フィル
弓道部員な野郎
猫好き

SkypeID:firunasu
TwitterID:fill013

About..
Silk's SkyDrive

相互大歓迎
スカイプ登録大歓迎
ツイッターフォロー大歓迎

■ リンク

■ 最近のコメント

■ カテゴリー

■ 最近の記事

■ 月別アーカイブ

■ FC2ブログランキング

■ 高校生ブログはぁんきんぐ

■ ブログ内検索

■ カウンター・解析



現在の閲覧者数:

■ ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。