左右非対称

アシンメトリー!

  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美人は3日で飽きる

とよく申しますが、実際のところどうなのでしょうか。
男性であるしるくさんの立場でいればそりゃー美人なら大歓迎ですが、
そんな美人がしるくなどというおしゃべり文法野郎に振り向いてくれるはずもなく、そんな経験はありません。「かわいい」と「美人」と「愛してる」は別意義として考えればですが。うへへ。
もしや「イケメンも3日で飽きる」のだろうか。世の女性、レディ、淑女の皆さん教えてください。

そもそも3日坊主という言葉や「鳥は3歩歩くと忘れる」とかなんだろう、慣用句?には「3」の数字が多い気もしますね・・だからといって何もないんですが。

ああ、そうそう、お店から出されたり、弁当についてたりするたくあん。その数が二切れなのにも理由があるらしく。
一切れだと「人斬れ」を連想させ
三切れだと「身斬れ」を連想させるらしいのです。
四切れは言わずと「四」・・「死」が入っているので。
五切れ以上は多すぎるので。
いやー数の不思議というか因果というかなんというか。

3日である事に意味を見出すのはどうなんだろう・・
よし、日本で「3」に関することをあげてみよう。

2度あることは3度ある
石の上にも3年
桃栗三年かき八年
三度目の正直
仏の顔も三度まで
三日天下
三味線
三線(沖縄のあの蛇皮のあれ)
一寸法師(一寸=3.3cm)
3日坊主
美人は3日で飽きる(?)
第3のビール
第3者
三人称
三つ巴
三角関係
毎月3のつく日は!(!?)
11月3日(文化の日)
11月23日(勤労感謝の日)
3月3日(桃の節句)
3月23日(だっけ)(春分の日)
9月23日(だっけ)(秋分の日)
12月23日(天皇誕生日)
5月3日(憲法記念日)
海の日(7月第3月曜日)
三三七拍子
世界のナベアツ
俺たち(3次元)※嫁たち(2次元)
カップラーメンの一般的な調理時間(3分間)
ウルトラマンの活動時間(3分間)  etc...

・・

結構あるな!おい!

「三」をウィキペディア先生に聞いてみたところ、
反復、持続、中立、の慣用句、諺には「三」が用いられることが多いらしいです。
あと、複雑な関係を指すときも用いられることが多いらしい。
俺の憶測ですが、3は奇数で、2で割り切れない事から、「中途半端である」という意味を持たせるようになったんじゃないかしらーと思います。
あと、ピタゴラスの三角形の整数比としてもありますね、3:4:5とか。黄金比だっけ?
ウィキペディア先生をはしごすると面白いですね。難しいけど。

数学→物理→宇宙物理の系統でダークマターえとせとらを経由しビッグバン予想の項目へ。
すると、今年、そのビッグバン理論を根本から覆しちゃうかもよ?な発見がなされたっぽいです。
fmfm長くなりそうなので、追記にホイホイ ビッグバンを簡単に言ってしまえば
「宇宙の始まりって大爆発じゃね?」って事です。
宇宙の始まりは一瞬一瞬で変化します。ここがすごくわくわくするところなんです。
爆発の一瞬で原子を構成する電子やらクォークやらが生まれて、
次の一瞬でそれらが原子をつくりなどなど。
原子たちもお互いを引きつける力が微弱ながらあり、
それぞれが合体したり中性子と仲良くなったりして分子が生まれます。
それが合体を繰り返して宇宙最初の星が生まれます。
っと、このように小さいものから大きなものが作られるというのがこのビッグバン予想と呼ばれるものなんですが、実際これが正しいかどうかはまだ解明されていません。
ですが、ハッブルさんが提唱する「宇宙は膨張している」ことを考えれば、この予想はあってるっぽい?っていうことで、有力なもののひとつとしてあげられています。
で、星とかが形成されるまでは何億年という年月が必要で、その銀河の規模も小さく、
俺たちのいる天の川銀河よりは小さいと。(ちなみに天の川銀河の直径は10万光年)
ちなみに天の川銀河が形成され始めてから136億年・・宇宙の歴史である137億年に近いです。
それでも形成過程で、物質から始まり、他の星や銀河と衝突を繰り返し、百億年かけて今に近い銀河の大きさになったともいわれています。
それなのに、
宇宙が誕生してわずか8億年。(現在は宇宙誕生の137億年後と考えればわずかよねー)
それでこの銀河系の半分、5万光年に広がる天体を、日本人が率いる研究チームが今年、発見したっぽいです。。
その大きさ、形成された年代から、ビッグバン理論を根幹から揺るがす大発見といわれています。
その天体は、古代日本の女王、卑弥呼にちなみ「ヒミコ」と名づけられました。
ヒミコの正体は謎。ですが、同時期に生まれている銀河とは比べ物にならないほど大きく、「小さな物質が時間をかけて衝突し、天体が生まれた」という考えにしてはあまりに早すぎる。
136億年かけて10万光年にまで成長した銀河系のわずか6%。たった8億年で銀河系の半分の大きさになっていることから、その形成経緯、正体全てにおいて研究が始まるでしょう。
ちなみにヒミコとの距離は129億光年。めっちゃとおい。
簡単に言うと、1秒で地球七周半する現在発見されている中で最も早い光が、129億年の年月をかけて届く距離。
そんな遠方でそんな早い時期に形成された巨大な天体。この発見は、今後の宇宙物理、天文学において大きな革命を起こすんじゃないカナーと思います。

イヤーテンションあがった。

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://nora27.blog95.fc2.com/tb.php/620-b3974784

 | HOME | 

■ ちゃとっ

■ プロフィール

しるく/あると

Author:しるく/あると
しるく(Silk)

SkypeID:norapeace
Twitter

フィル
弓道部員な野郎
猫好き

SkypeID:firunasu
TwitterID:fill013

About..
Silk's SkyDrive

相互大歓迎
スカイプ登録大歓迎
ツイッターフォロー大歓迎

■ リンク

■ 最近のコメント

■ カテゴリー

■ 最近の記事

■ 月別アーカイブ

■ FC2ブログランキング

■ 高校生ブログはぁんきんぐ

■ ブログ内検索

■ カウンター・解析



現在の閲覧者数:

■ ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。